よくある質問

全般

HSKネット試験の証明内容は、紙のHSKの試験と同じですか?

HSKネット試験と紙のHSKの試験は、試験方法が違うだけで、試験問題は同じです。どちらも中国政府教育部の下部事業組織である国家漢弁/孔子学院本部がその中国語能力を証明するものであり、証明された語学能力、中国の大学入試,HSK奨学金申請等に対する有効性などは全く同じです。

また成績証明書も同じく中国国家漢弁から発行され、ネット試験と紙試験で書式の違いもありません。

<成績表サンプル>
★画像をクリックすると拡大します★
HSK成績表サンプル

誰でも受験できるのですか? 年齢等の制限はありますか?

どなたでも受験することができます。簡単なパソコン操作が出来さえすれば、受験資格の制限は何もありません。

何級を受験してもいいですか?

受験級はご自身のレベルや必要な級に合わせてお選びください。
どの級も受験するのに必要な条件等はございません。

申込

複数の試験を一度に申込むことはできますか?

試験時間が重ならない限り可能です。HSKの2級、4級、6級は午前、1級、3級、5級は午後、HSKKは夕方に実施されますので、最大で、HSKの偶数級、奇数級、HSKKの3つの試験を受けることができます。

なお、2020年1月よりHSKK試験は全級同一時間(17時~)の開始となりますので、HSKK試験を複数級受験することはできません。

申込画面で受験地選択をしましたが、受験地が出ません。

受験地のプルダウンバーに表示されない場合、その試験日にその会場では試験が実施されない、またはすでに満席であることを示しています。お近くの別の会場を選択してください。

申込画面で写真の添付ができません。

写真のサイズ(2M以下)、ファイル形式(拡張子「.jpg」)があっているかをご確認ください。

I-phoneをご使用の場合、I-phoneの制約により写真がアップロードできないことがございます。その場合、ほかのパソコン等を利用しお申込みを頂けますようお願いいたします。

どうしても写真がアップロードできない場合は、事務局が代理で情報を登録いたします。
以下の手順に従い、手続きを行ってください。

【代理登録手続きフロー】

①事務局に写真のアップロードができない旨をメール([email protected])で連絡。
②事務局から申込フォーマット(EXCEL)を返信いたします。
③申込フォーマットに必要事項を記入。
④情報を記入した申込フォーマットと写真をメールに添付し、事務局へ返信。
⑤事務局で内容確認、代理登録後、「HSKネット試験 申込み手続き受付と受験料お支払いのご案内」メールが受験者に自動送信。
⑥メールに記載されている、「入金手続き用URL」をクリックし、入金を行う。
⑦入金後、「HSKネット試験 受験手続き完了のご連絡」が自動配信されます。

※入金をもってお申込みは完了となります。
※入金がされないうちは、お申込みが完了しておりませんのでご注意ください!

引越をしました。どうしたらよいですか?

住所は成績証明書の送付に必要です。速やかに新しい住所を事務局にお知らせください。

団体受験はできますか?

団体受験のお申込みも受け付けております。
団体受験をお申込みいただいた場合、事務局より送付する申込フォーマットを送付いたしますので、指定する期日(原則、試験日の前月末)までにご返信いただけますようお願いします。
受験者様の人数確定後、請求書を発行いたしますので受験料のご入金をお願いいたします。

受験人数により割引もございますので、ぜひお問い合わせください。

個人データの修正はできますか?

修正できます。お気づきになり次第、至急事務局にご連絡ください。(簡体字氏名への修正、生年月日、住所等の入力ミスなど) 但し、メールアドレスは個人IDであるため修正できません。修正するには、再申込をしていただく必要があります。

申し込んだ受験級の変更はできますか?

受験料のお支払後は受験級の修正はできません。受験料のお支払前であれば、現在のお申込みは無視し、改めてお申込みをしてください。

申し込んだ試験会場の変更はできますか?

試験日締め切り前でかつ試験会場に空きがあれば、試験会場の変更は可能です。
試験会場の変更を希望する場合、事務局までご連絡ください。

ただし、試験日締切後(試験日10日前 PM17時以降)の変更は一切応じかねますので、ご了承願います。

申し込んだ試験日の変更はできますか?

試験日締め切り前であれば、試験日の変更は可能です。
ご希望の試験日と試験会場を事務局までご連絡ください。
なお、試験会場はお申込み時の試験会場で開催されないこともございますので、ご注意ください。

ただし、試験日締切後(試験日10日前 PM17時以降)の変更は一切応じかねますので、ご了承願います。

受験料

受験料はいつまでに支払う必要がありますか?

カード支払いの場合は即時支払いとなります。コンビニ支払いを選択された場合は、所定の支払期限まで(但し、申込締切日の夜24:00まで)にコンビニでお支払いください。所定の支払期限を過ぎると無効になりますので、支払入力をし直すか、再度お申込をしてください。

また試験日3日前になりますと、支払い方法はカード支払いのみでコンビニ支払いは選択できなるなりますのでご注意ください。

受験料支払い後、都合で受験できなくなりました。受験料は返金してもらえますか?

申し訳ありませんが、受験料の返却はできません。日程的に受験が可能か、十分ご確認のうえ受験料をお支払いください。

支払った受験料の領収書の発行は可能ですか?

入金の確認が取れていれば、支払い方法問わず領収書の発行は可能です。
(※領収書の発行はHSKネット試験受験生に限ります)

領収書の発行を希望される場合、以下の情報を事務局までご連絡下さい。
1)受験者氏名
2)領収書の対象となる受験日
3)領収書の名義

※領収書は電子版(PDF)での送付となります(郵送をご希望の方はその旨お知らせください)
※一度発行した領収書の再発行は応じかねますのでご了承ください。

受験票

受験票はどのように入手するのですか?

受験票は「汉语考试服务网」から各自取得していただきます。 毎回、試験締め切り日の翌日昼以降に取得が可能となります。
(受験生の皆様にはメールで受験票取得依頼メールを配信いたします。)

受験票の詳しい取得方法については、コチラをクリックして参照してください。

またシステムの仕様上、受験番号発番後に国家漢弁から
メール(件名:X级考试确认函(日訳:X級受験確認通知))が自動配信されますが、
こちらはメール本文にも記載されている通り受験票ではありませんのでご注意ください。

試験前日はシステムにアクセスが集中し、ページにつながりにくくなることがございます。
事前に慌てることのないよう、試験日の3日前までに受験票を取得することをお勧めいたします。

ログインや受験票の印刷ができない場合は、お早めに事務局までご連絡ください。

受験票は、受験日当日、印刷もしくはモバイル機器に保存し、受験票に記載の身分証明書とともにお持ちいただけますようお願いいたします。
受験票及び身分証明書の確認が取れない場合、受験をお断りする場合もありますので十分ご注意をお願いします。

<受験票サンプル>
★画像をクリックすると拡大します★
受験票サンプル

受験票が届きません。

受験票は、各自「汉语考试服务网」からダウンロードして取得していただきます。
詳しいダウンロード方法については、コチラをクリックして参照してください。

また、受験生の皆様には試験締め切り日翌日以降にメールでご案内いたします。

受験票の記載されている「姓名」や「性別」情報を修正したいです。

受験票受領後、受験票に記載されている「姓名」「性別」がパスポート等の証明書の記載情報と一致せず修正をしたい場合、正しい「姓名」を速やかに事務局までご連絡ください。事務局で修正後、受験票を再発行いたします。
なお、「受験級」「受験日時」「受験会場」の変更はできかねますので、ご了承いただけますようお願いいたします。

また、成績証明書受領後に記載情報を変更する場合、漢語考試服務網の「额外成绩报告申请」から申請することができます。この手続きは、手数料のお支払いも含めて、受験者ご自身で行っていただく必要があります。事務局では代行できませんのでご了承ください。

試験

試験当日、必要な持ち物はありますか?

受験票及び身分証明書以外に必ずご持参いただくものはありません。身分証明書は受験票に記載してあるものをご持参ください。
試験中、ご自身のヘッドフォンをご使用になりたい方はご持参ください。

パソコンの取扱に慣れておらず心配です。

難しいパソコンの取扱はありません。選択問題は、画面上で解答の部分をクリックするだけです。
また3~5級の並び変え問題は、画面上に表示されている単語の各ブロックをドラッグして移動させるだけです。(詳しい解答方法は、試験日当日に各自の座席上に解答方法の説明をご用意しておりますのでご確認ください)

ピンインの入力が得意ではありません。

3級以上の試験には作文問題があります。
作文問題はすべてピンインで入力いただくため、ご自身で練習等をしていただきピンイン入力に慣れていただく必要があります。

ピンイン入力については、当ホームページの「学習ツール」コンテンツ上でも紹介している
「10FastFingers」等のサイトで練習が可能ですので、どうぞご活用ください。

■10FastFingers.com:
<簡体字>
https://10fastfingers.com/typing-test/simplified-chinese
<繁体字>
https://10fastfingers.com/typing-test/traditional-chinese

また、HSKネット試験の中国語入力システムは、すべて「搜狗」を採用しております。
本試験に慣れていただくためにも、「搜狗」のご使用を推奨しております。

■「搜狗」は以下からダウンロード可能です。
URL:https://pinyin.sogou.com/

また、試験中は「手書き入力」の使用は禁止しておりますのでご注意ください。

中国語の記号の入力方法がよくわかりません。

作文問題で主に使われる記号(例:()、” ”、≪≫、;、:等)の中国語の入力方法は、
試験日当日に各自の座席上に『书写(作文)問題の中国語入力方法』というタイトルの説明案内をご用意しております。

試験中も説明案内を見ながら解答作成が可能ですので、ぜひご活用ください。

事前に試験の練習がしたいのですが。

現在、HSKネット試験の試験対策のため以下の2つの機関が提供している模擬試験システムのご利用が可能です。
両サイトとも事前登録が必要です。登録は無料で、どの級の試験も何度でも受験可能です。
試験終了後は、听力*(ヒアリング)、阅读(作文)部分の解答が即自動採点されます。

1)漢考東盟服務中心:http://www.chinesetest-support.org/
※ログイン方法、使用方法については当ホームページの「学習ツール」コンテンツからマニュアルを取得してください。
https://www.hskibt.jp/learning-tool/

2)孔子学院遠程教育中心:cnhsk.org

都合で試験が受けられなくなりました。どうしたらよいですか?

特に何もしなくても、当日、欠席扱いとなりますが、事前に事務局にご連絡いただければ、試験会場での余計な心配が不要となり助かります。

試験開始時間に間に合いません。どうしたらよいですか?

リスニング試験終了前に到着すれば、途中から試験は受験できます(着席以前のリスニング問題は受験できません)。リスニング試験終了後は欠席となり入場できません。リスニング試験時間は概ね30分前後で級により異なります。

なお、地震や台風など不可抗力による場合(単なる交通機関の遅れは含まない)は,別途対応が可能な場合がありますので、事務局へご連絡ください。

作文問題で繁体字での回答は可能ですか?

繁体字での回答も可能です。
繁体字での入力を希望される場合、お申込みの際に「繁体字」をお選びください。
但し、繁体字の場合でも入力方法は「ピンイン」となります。

また、問題文はすべて簡体字で表示されます。
問題文の繁体字への変換はできませんので、ご了承ください。

成績発表

サイト上で成績を見るには、いつ、どのようにすればよいですか?

HSKは試験の約2週間後、HSKKは約1か月後にに国家漢弁が運営する「漢語考試服務網」のサイト上で試験結果を照会することができます。

試験結果発表日については、コチラをクリックしてご確認ください。

<試験結果の照会方法>
漢語考試服務網 のサイト上から確認可能です。

画面左下の「成绩查询」に以下を入力してご確認ください。
①受験番号(H で始まる 18 桁の数字)
② 姓名:ご自身の姓名 ※姓と名の間には「半角スペース」を必ず入れてください
③ 验证码:サイトに表示される4桁の数字

※試験結果の照会方法については、コチラをクリックして確認してください。

成績証明書に「合格」「不合格」と記載されていません。

従来より、概ね60%以上の得点で合格とされています。但し、HSK5級、6級は、成績証明書に点数のみが記載され、「合格」「不合格」という表示はありません。これは「合格」「不合格」は、HSK試験結果を評価する大学等の問題なので、HSKとしては点数のみを証明するという考え方によるものです。

成績証明書を海外に送ってもらうことはできますか?

申し訳ありませんが、日本で実施されたHSKネット試験の成績証明書は、日本国内にのみお送りさせていただきます。海外にはお送りできません。日本に在住していない方は、日本の留守宅、或いは知人宅等の住所をご連絡ください。

成績証明書の再発行はできますか?

成績証明書の再発行は、漢語考試服務網の「额外成绩报告申请」から申請することができます。この手続きは、手数料のお支払いも含めて、受験者ご自身で行っていただく必要があります。事務局では代行できませんのでご了承ください。